2013年7月29日月曜日

ストリートカルチャーとしての同人ゲーム

8月も間近に控え、いよいよサマーシーズン。日本のゲーム業界的には、8月21日から23日までパシフィコ横浜で行われるCEDEC2013が最大のイベントだろう。1999年から開催されているこのゲーム開発者の交流イベントは、日本版のGDCとして捉えることができる。徐々に認知され、現在ではそれなりに大規模なものになってきた。とはいえ、昨年のCEDECの参加者数は4500人ほどであり、2万3000人ものの開発者を呼び寄せるGDCと比べると小規模だ。IGDA日本が取り組んでいるように、今後は海外からの若い参加者も増えてCEDECが大いに盛り上がることを期待している。

さて夏といえばもう一つ大きなイベントがある。8月10日から12日まで東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット(C84)である。こちらはゲーム業界と直接関係はないが、三日間で50万人規模の参加者で賑わう超大規模なイベントだ。出展者側のサークル参加者数も3万人を越しており、規模だけみればGDCを凌駕するクリエイターのイベントであるといえる。

同人文化におけるビデオゲーム

基本的に紙媒体の表現で始まったコミックマーケットを含めた現在の同人文化。昨今では初音ミクやニコニコ動画の影響もあって音楽ソフトを頒布するサークルが増えており、「同人音楽」というジャンルも確固たるものとして確立しつつある。そして、紙の同人誌や同人音楽といったジャンルと比べると微々たる規模であるが、ビデオゲームの同人文化も存在している。

コミックマーケットでは「同人ソフト」という名称でくくられているが、創作物としてビデオゲームを頒布しているサークルは800程度存在する。ゲームの種類もクオリティも千差万別であるが、規模だけを考えると、これは明らかに国内最大のインディーゲームのイベントと言える。そして、コミックマーケット以外の同人誌即売会や同人誌を専門に扱う「同人ショップ」でもビデオゲームは流通しており、これらは総称して「同人ゲーム」と呼ばれる。

同人ゲームの世界には、二次創作やアダルトコンテンツも含めて、多様な作品がある。もちろん、オリジナルな作品も数多くあるが、特徴的なのは特定のジャンルへの愛着を感じさせる作品が多いことである。メジャーなゲーム産業からは「枯れた」もしくは「ニッチ」として扱われる格闘ゲーム、シューティングゲーム、ビジュアルノベルといったゲームジャンル。だが、同人ゲームの世界では、それらのゲームジャンルは主役級の人気がある

しかしながら、もっぱらPC向きに制作される同人ゲームの世界は、まだまだマイナーな世界だ。もちろん「東方Project」のZun氏、「ひぐらしのなく頃に」の竜騎士07氏など、一部には有名なクリエイターは存在している。しかし、彼らのファンのすべてが原作の同人ゲームをプレイしたかというと、そうでもない。コミックやアニメなどのメディアミックスの一部として消費している人もたくさんいる。

また日本のPCゲームが非常にニッチであることも、同人ゲームがマイナーであることの一因だ。実際には、SteamなどのPCゲームプラットフォームでは、同人ゲームが世界に向けて販売されており、そのいくつかは商業的な成功も収めている。ただし、日本のゲームメディアがそれらを扱うことは非常に稀であり、結果として同人ゲームの世界は未だにアンダーグラウンドであると言ってよい。

商業ゲームに対するストリートカルチャー

とはいえ、そのマイナーさ、そのアングラ感が同人ゲームの世界にある種のアウラをまとわせているということも否定できない。私はゼロ年代を通して、秋葉原の同人ショップに足を運び、同人ゲームのパッケージソフトを購入してきた。そして、そこで得られるものは本当に貴重なものが多く、未来のゲーム史に残るであろう作品と出会ってきたのだ。

基本的に同人ショップにはアダルトコンテンツが多く、足を踏み入れるのにためらう人も多いだろう。だが、好奇心に忠実になり、勇気を持って足を踏み入れよう。覚悟に見合った対価は確実にある。通常のゲームショップはもちろん、Steamにもインターネット上にも公開されていない素晴らしい作品と出会えるかもしれない。現在は無名なクリエイターの作品でも、もしかしたら今後は世界的に成功を収めるかもしれない。実は有名クリエイターが趣味の延長として匿名で作った作品かもしれない。そして、あなたが手にするものは、歴史を変えるビデオゲームの貴重な初回プレスかもしれない。

このように即売会や同人ショップに足を運んで同人ゲームを買うことは、ゲームショップに並んでいる最新作を買うのとは違った楽しみがある。本当に希少でAmazonにもインターネット上にも流通しないビデオゲームが数多くある。それらの多くは大手パブリッシャーがリリースするゲームに比べるとチープで粗雑で低品質かもしれない。だが、ゲームショップやAmazonでは決して流通しない個性的なゲーム、クリエイターの内面が表れたパーソナルなゲーム、ゲームジャンルやキャラクターへの愛情があふれたゲームと出会えるのだ。しかも、それらがパッケージソフトの形で並んでいるのだ!

もちろん、パッケージも工場で作られたものからお手製のものまでクオリティはまちまち。だが、それらに詰められているのは、ビデオゲームへの確かな愛情と創作物を純粋に楽しんでほしいというクリエイターの魂だ。たとえ小規模であっても、フィジカルな形でクリエイターの熱意を感じられる同人ゲームの世界は、もっともエネルギーに満ちた日本のインディーシーンといって過言ではない。

オフラインの場で直接、作品が流通するその様子はまさにストリートカルチャー。東京ゲームショウで発表される大手パブリッシャーの新作がパリコレの最新服であるならば、即売会や同人ショップで流通するビデオゲームはストリートファッションだ。実際にゼロ年代の秋葉原では歩行者天国が実施され、今は無き同人ショップ「メッセサンオー同人ソフト館」の店頭には同人ゲームのデモ動画が流されていた。世界広しといえども、インディーゲームのデモ動画を店頭から路上に流すような文化は、日本の同人ゲーム以外にはなかったのではないだろうか?

昨今では、IGDA日本が開催する東京ロケテゲームショウ、同人ゲームサークルのへっぽこ氏が開催していただらだらと 同人ゲームであそぶ会など、即売会以外で同人ゲームに触れる機会も増えてきた。さらに今年の11月17日には、同人&インディーズゲームオンリーイベントである「デジゲー博」が大田区産業プラザPiOで開催されるそうだ。同人ゲームに対する認知度が上がっていくことが期待される。

もちろん、同人ゲームだけが日本のインディーゲームではない。だが、そのコアの一つであることは紛れもない事実だ。日本のインディーゲームを盛り上げていきたい人ならば、これらのイベントに足を運ぶことは義務ですらある。日本には素晴らしいインディーゲームが既にある。ただそれらは比較的、アクセスしにくい場所に存在しているのだ。

また日本のインディーゲームシーンに注目している人にも、ぜひともこれらのイベントに参加してみてほしい。パッケージされたものを交換するというプリミティブなコミュニケーションによって、フィジカルな形でその文化に触れることができる。イベントに参加することで、あなたは単なるゲームのプレイヤーではなく、ストリートカルチャーの参与者へと変容するのだ。