2013年5月31日金曜日

Is Kickstarter just a hype? (PART3)

前回のコラムから大分、期間が開いたが、今回でクラウドファンディングの話に一旦ケリをつけたい。先週から筆者は京都の立命館大学で行われた国際日本ゲーム研究カンファレンスに出席していたが、そこでも北米のゲーム研究者たちとKickstarterの話題になった。

ゲームを研究するような人々が集まっていたわけなので、当然、ほとんどの人々がKickstarterでなんらかのプロジェクトに出資していた。「俺はあのプロジェクトのbacker(出資者)なんだ」と自慢話が始まり、最後には“We are all backers!”と謎の連帯感が生まれた。こういったオフラインのコミュニケーションもクラウドファンディングの楽しさの一部だろう。

さて今回は、実際にKickstarterなどのクラウドファンディングにおいて、新米クリエイターや新興デベロッパーが資金調達に成功している事例を紹介したいと思う。さらにオリジナルなタイトルがクラウドファンディング発で生まれ、すでにいくつかの成功例が登場していることを指摘したい。

Kickstarterがビデオゲームに果たした輝かしい功績を見るならば、手っ取り早くこのブログエントリーを見るとよい。2013年の3月21日付のこの公式ブログによると、Kickstarterでゲームのプロジェクトに集まった資金は累計1億ドルを突破している。さらにKickstarterで資金調達に成功したゲームで既に遊べるものがリストアップされている。

FTL (Faster than Light)、Kentucky Route Zero、Organ Trail...とインディーゲーム好きなら、誰でも知っているゲームが並んでいる。そして、それらのゲームはIGFやPAX、IndieCadeといったフェスティバルでアワードを勝ち取り、十分に評価されているのだ。

これだけでも十分にクラウドファンディングを通して新しい才能、新しい作品が世に輩出されているのが理解できよう。つまり、「クラウドファンディングはベテランクリエイターの引退後の食い扶持だ」といった主張は端的に間違っているのだ。

それらの誤解は著名なクリエイターや人気作の続編ばかり話題にするマスメディアによってよりいっそう助長される。なので、ゲームを愛する人、クリエイティブな表現を愛する人には、一度、自分の目で面白いプロジェクトがないか探してみてほしい。それでワクワクしない人は、自分の好奇心の衰えを心配したほうが良い。

さらにただ見ているだけではなく、少額でも良いのでぜひとも出資してみてほしい。Kickstarterでは、プロジェクトオーナーたちは頻繁に情報をアップデートする。そこではファンディングや開発の現状報告だけではなく、他のプロジェクトへの支援も呼びかけられる。結果、出資したプロジェクトのアップデートを通じて他のプロジェクトのキャンペーンを知ることも非常に多い。

実際に私は以前、紹介したCRYAMORE! というJ-RPGのプロジェクトに出資することで、C-Warsというプロジェクトを知った。このプロジェクトはCRYAMORE!と同様に、日本のゲームに強く影響を受けている。日本のアニメ風のキャラクターデザインと滑らかに動くドット絵が魅力的だ。そしてデベロッパーのOnipunksは、なんと北京のゲームスタジオなのだ!

フランスでゲーム開発を学び、本作ではオリジナルのゲームエンジンを手がけるリーダーのLoup Zhou、まさにドット絵狂い(pixel junkie)と言うべきアートディレクターのLouiky Muなど、合計6人のチームメンバーはとても若い。キャンペーン用のPVも非常にエネルギッシュ。北京というアジア圏からこのような若い才能が出現してきたことには、心底エキサイティングだ。

このように実際にクラウドファンディングでデビューする若い才能は十分に存在している。そして、そのプロジェクトが期待できるものならば、確実に資金は集まっている。画像、映像、音楽と多数の素材が必要なビデオゲームは、それらの素材を逆にプロモーションに利用することで資金を集めやすい。たとえクリエイターが無名でも、魅力的なキャラクター、魅力的な世界観を提示することができれば、資金は調達可能だ。

現状はビデオゲームのプロジェクトはKickstarterを中心に盛り上がっている。Kickstarterでは、日本から直接プロジェクトを投稿することができないため、その盛り上がりはイマイチ伝わってこない。しかしながら、それも時間の問題だと思われる。

前回、書いたように、インターネットを通してクリエイティビティに直接資本を投下するこのモデルは、デジタル時代のコンテンツ産業の究極形態のひとつである。そして、それが確かに効果を発揮すると私は確信している。日本からは同人ゲームの『九十九神』老舗同人STGサークルのSITER SKAINの三部作のローカライズのプロジェクトがファンドに成功している。(両者とも海外のローカライズ会社が主導している。前者に関してはインタビューで詳しい話をうかがった。

さらに国内のクラウドファンディングでは、黒川文雄氏が率いる『モンケン』がCAMPFIREで目下、資金調達に挑戦中だ。またCAMPFIREでは先日、『リゼットの処方箋』と呼ばれるゲームプロジェクトが開始された。著名なクリエイターは関わってはないが、水彩画風のビジュアルでポイント・アンド・クリックのゲームに挑戦するというなかなか野心的な企画だ。これらのプロジェクトの資金調達が成功するかどうかまだわからない。だがクラウドファンディングを通して、創造力の炎が日本でも燃え上がろうとしているのだ。

結論として、クラウドファンディングではベテランクリエイターや人気作の続編にしかお金が集まらないというのは単なる杞憂だ。もちろん、知名度が果たす役割は大きく、多額の金額が集まるのは確かにベテランクリエイターが関わったものだ。しかしながら、クラウドファンディングは確実に新しい才能を世に輩出している。そして、この流れが日本にも訪れることは時間の問題だ。Kickstarterは決して単なるハイプではなかったのだ。