2012年9月10日月曜日

オンラインゲームの改変


先日掲載されていましたこちらのニュース。

オンラインゲーム改変で初摘発=著作権法違反容疑で利用者も―神奈川県警



オンラインゲームの模倣サーバーを作成し、著作権違反とのことです。

なお、模倣されていたサーバーでは、ゲームの展開が正規のものよりも早かったようで、3000人ほどのプレイヤーがいたそうです。


実は、この事件で衝撃的だったことがあります。それは海賊版をプレイした『プレイヤー』からも逮捕者が出ているという点です。

これまでは、あくまで管理者側・配信者が捕まるケースのみでしたが、今回はそのプレイヤーも逮捕されているとのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120906-00000589-san-soci

こちらの記事内でも述べていますが、海賊版のプレイヤーを摘発することで犯罪抑制に繋がるのではないでしょうか。


以前より、ファイル共有ソフトなどでこういったグレーゾーンの問題は出ていましたが、いよいよ具体的な対策が取られてきたように思います。

今後の動きに期待です。