2012年7月11日水曜日

Windows8


Windows8がいよいよ完成に近づいているとのことです。予定では8月の第一週に完成し、一般発売は10月下旬だとか。
Windows7の後継機として開発されているそうですが、最も大きな変更点はユーザーインターフェースの変更でしょうか。これまであったスタートボタンやクラシックテーマなどが廃止されるとのことで、他にもWindows Aeroも廃止されるそうです。Windows Aeroと言えば、Windows Vistaから導入されたものですが、こんなすぐに廃止されるとは思いませんでした。こういった以前から使われていたデザインを変更していくということは非常に大胆な行為ですね。これまであった機能がなくなっていくと新しいOSを見た時に大きな違和感がありそうです。

また、Windows8ではスマートフォンやタブレットを意識してか、これまで以上にタッチ機能を強化していくとのことらしいですね。
Windows7でもタッチ機能自体はありましたが、当時、PC画面でタッチ機能というのはいまいち結びつかなかったのか流行ることなく消えていきました。(Windows7に標準機能として付いているので、消えたという表現は不適切かもしれませんが。)
実際、Windows7が発売された当初は、タッチ機能に対応したスクリーンもセットで売られていましたが、最近ではそういったセット販売は全く目にしなくなりました。

新たなOS、Windows8では、これがどのような進化を遂げているのでしょうか。 私と致しましては、デスクトップPCでタッチパネルの要素などがどのように影響してくるのかが非常に気になってくるところです。
一般発売の10月が待ち遠しいですね。