2012年6月19日火曜日

グラフィックの進化

 
ゲームのグラフィックは驚くべきスピードで進化を遂げました。
昨年の記事ですが、グラフィックがどれくらい進化したかを比較した記事がございましたのでご紹介させて頂きます。
まずはこちらの記事をご覧下さい。























 

『ゼルダの伝説』は1986年から続いているシリーズですが、最初の作品が出て12年後には3Dで表現され、今ではその質を更に上げています。また、アクションとFPSなのでジャンルは違いますが、上記右図の『メタルスラッグ』と『Battlefield 3』の比較を見てみても、ゲームがわずか10年ほどで異常な進化を遂げていることが分かります。
上の例の場合はあくまで単純なグラフィックの向上ですが、これらとは別に使われている色数を増やし色合いを鮮やかにしたり、物理演算を取り入れ滑らかな動きを表現するなど、今だからこそできることをふんだんに取り入れられているものもあります。これらの技術により、同じ2Dでも様々な面で質の向上が感じられます。1985年に発売された『スーパーマリオブラザーズ』と2008年に発売された『Braid』の比較画像を見てみましょう。

いかがでしょうか。同じジャンルのゲームを比較すると、どう違うのかというのも分かりやすいですね。
既にゲームが出て数十年という月日が流れていますが、次の10年後にはどのような方向に進化していくのでしょうか。リアルさを限界まで追求していくのか、それとも体感できるゲームを目指していくのか、はたまた全く予想のできない方向にいってしまうのか・・・。
10年後が非常に楽しみです。