2012年6月29日金曜日

e-sportsが日本で流行らない理由



 e-sportsが流行らない理由として、以下のものが挙げられます。
1.オンラインの敷居が高く感じる
2.ゲーム=娯楽
3.家庭用ゲームの発展
4.PCゲームの盛り上がり
これらは全てが密接に関係しているため、区分けが非常に難しいのですが、まずは個々として考えてみましょう。

1.オンラインの敷居が高く感じる
オンラインと言えば、最も容易に出来る環境はPCにあるといえます。
日本でも、オンラインのPCゲームは確かに存在しています。(MMORPGFPSなど)
ですが、これらには大きな癖があります。例えば、MMORPGの場合は強くなるまでに膨大な時間がかかってしまう、コミュニケーションを取りながらRPGをプレイするのが非常に手間といった問題があり、熱中する人は一部に留まっています。また、FPSの場合は、時間をかけたプレイヤーと初心者との腕の差が顕著に出るため、同じ武器を持って同じ戦場にいるのに何も出来ず一方的に負けるということがよく起きてしまいます。さらに、これらのゲームはPCの性能に依存する部分が多く、それなりの3D性能を持ったPCを用意する必要があります。
ゲームPCPCでゲームをするという文化が他国と比べて積極的ではない日本では、これらがオンラインゲームというものの敷居を上げてしまっているように感じます。

2.ゲーム=娯楽
海外、例えば韓国でe-sportsが積極的なのは、日本におけるスポーツと同等の感覚である部分が大きいのでしょう。日本では『ゲームは娯楽』という感覚が特に強いため、スポーツのような盛り上がりを見せてはいません。また、ゲームセンターのように対戦ゲームが盛んな場所も存在こそしているものの、多額の賞金をかけた大会はほとんどありません。
日本でも格闘ゲームが流行った時期があったことを考えるとe-sportsのような文化が形成される可能性がなかったわけではないのですが、結果として今に至ることを考えるとゲームが娯楽の域を越えることはできなかったのでしょう。

3.家庭用ゲームの発展
ゲームがあくまで娯楽の位置に留まってしまっている最大の要因は、日本では家庭用ゲームが大きく発展してしまったからではないでしょうか。今でこそ状況は変わりましたが、一昔前までは家庭用でかつインターネットを活かしたゲームは非常に少なく、出来たとしても余計にお金がかかってしまうものが多くありました。オンライン接続のできない媒体が最も盛り上がってしまったために、オンラインのプレイヤーを生み出すことが困難になってしまったのではないでしょうか。

4.PCゲームの盛り上がり
おそらく、これが最も大きな原因です。それは日本でPCゲームが流行らなかったことでしょう。これについては更に深く言及していきたいと思いますが、日本では家庭用ゲームが大きく発展してしまったがためにPCゲームは日の目を浴びることがありませんでした。
様々な要因があるかと思いますが、例えば家庭用が発展したこと、Modという文化が浸透しなかったことなどがあるのでしょう。

e-sportsができた大きなきっかけは、PCゲームによるオンライン対戦が流行したことが大きいのだと思います。逆に上記の様々な要因からPCゲーム、オンライン対戦が流行らなかった日本では、e-sportsという概念ができなかったのは必然なのかもしれません。
これらを踏まえて、次回ではさらにe-sportsに関して考えてみましょう。

2012年6月26日火曜日

スパイダーマン


630日に新たなスパイダーマンの映画が放映されますね。今回はそれにちなみまして、海外で発売目前のスパイダーマンのゲームについて触れてみたいと思います。

昨日、北米で626(欧州では629)に発売予定の『The Amazing Spider-Man』のゲームプレイ映像が公開されました。これがその公開された映像です。

 
私のイメージではニューヨーク市街を自慢のクモの糸を駆使して飛び回っていますが、今回の映像ではそのような場面はほとんどないようです。
・・・と思いましたが、先程改めて探してみましたところ、自由に飛び回るシーンもありました。


これぞ、まさにスパイダーマンですね。

室内での戦闘は迫力のあるものでしたが、室外での動きもまたダイナミックですね。衣装の細かい部分まで再現されていますし、これはもう映画といっても過言ではない作りになっています。我々の知るスパイダーマンよりも超人的な動きをしているように思えますが、そこは「ゲームだから」で済ませるしかないようです。
発表されているのが海外版のみところを見ますと、日本語版の発売は今のところ未定のようですね。弊社としては是非ともローカライズしたいものですね。

2012年6月22日金曜日

e-sportsについて考えてみる


PCゲームのダウンロード販売をしている弊社としては、e-sportsについても触れておく必要があるかと思います。というわけで、今回からe-sportsについて触れていきたいと思います。

e-sports
海外では、e-sportsと呼ばれる競技が存在します。
e-sportsとは、エレクトロニック・スポーツのことでテレビゲームを競技として捉えた際の名称です。主にFPSRTS、スポーツゲーム、レースゲーム、格闘ゲームが競技として選ばれており、オンラインでの大会、もしくは会場を用意し、そこに世界各国のプレイヤーが集まって大会を行われています。
 例えば、韓国ではe-sportsが非常に盛んで、10年以上前に発売された『starcraft』が今でもかなりの人気を誇っています。実際に見たわけではありませんが、テレビでプロリーグの模様がゴールデンタイムで放送されるほどのものとか。
starcraft』自体、10年以上経った今でもアップデートを続けているため、ゲームバランスも幾度となく調製され、ゲームそのものが競技として十分すぎるほど成り立つほどの完成度に達しているのでしょう。ちなみに2000年~2010年のWCG(World Cyber Games、e-sportsの大会の一つ)で、一つの競技タイトルになっています。 
なお、2010年に『starcraftⅡ』が発売されたことから、今ではそちらが競技タイトルとなっているようです。

日本におけるe-sports
話を戻しますが、賞金総額が数十万ドルを超える大会も存在しているため、規模としてみると決してマイナーなものではありません。ですが、国内ではe-sportsは全くと言っていいほど浸透していないため、その存在を知らない人は数多くいます。この原因はいくつか考えられますが、主なものとして、PCでゲームをする機会がほとんどないからではないでしょうか。日本ではPCゲームよりも家庭用ゲームがよく売れている経緯がありました。また、PCでゲームをすることは決して簡単ではなく、購入前に要求・推奨スペックを確認しなければなりません。さらに要求スペックをクリアしているから、それでOKという風にはならず、ゲームのグラフィック設定を下げないと起動こそするものの快適に動かないという場合もあります。
今でこそ店で売っているPCを買うだけで大抵のゲームをプレイすることはできますが、最も成長を続けていた時期に、PCゲームならではのややこしさから思うようにPCゲームというものを広められなかったこと、また、広める前にPCゲーム=アダルトゲームというイメージが広まってしまったことでライトユーザーが敬遠し、e-sportsPCゲームも大きく広まることなく、PCゲームの市場が拡大しないのではないでしょうか。 

来週も引き続きe-sportsについての内容で書いていきたいと思います。