2012年5月31日木曜日

Modに関して(概要と文化)


今回から、弊社の運営するPCゲームダウンロード販売サイト『PLAYISM』にちなみ、海外ならではの文化『Mod』について触れてみたいと思います。

Modの概要
海外のPCゲームをプレイしたことのある方なら、Modification(以下Mod)というものを聞いたことがあるのではないでしょうか。
 Modとは、開発会社が出す「拡張パック」とは違い、主にユーザーによって改造が施されたゲームデータのことを言います。Modにはゲームのユーザーインターフェース(以下UI)に手を加えたもの、ゲーム性を変えるもの、根本となる部分以外作り変えてしまったものなど様々なものがあり、例えば新たなUIでゲームバランスを変えて遊ぶといったことが可能です。

Modはネガティブイメージ?
 Modは改造行為と何ら変わりがないので、改造しやすいPCゲームに馴染みの薄い日本人にとってはややネガティブな印象があるかもしれません。マイナスイメージを植えつける要因として日本のゲームのほとんどが家庭用であり、改造行為が許可されていないことも多く、改造するにしても非正規な方法を取らなければいけない、といった理由があるからでしょう。
対して、海外のゲームメーカーは比較的Modに対して好意的であると言われており、作品によってはModを制作できる環境を提供しているものも多くあります。例として『DOOM』、『Civilization』、『Half-Life』、『Total War』などのシリーズは、Modが非常に作成しやすく、多数のModが作成、公開されています。中にはたくさんのファンを抱えているModもあり、本編以上に賑わっているものも存在しています。
このような例もあり、全てのゲームメーカーが容認しているわけではないとは言え、改造行為自体の敷居が低くPCゲームが日本よりも一般的な海外では、Mod文化が日本よりも発展したのは必然とも言うべきでしょう。

日本国内に限れば、改造行為と考えられるためマイナスイメージをもたれるかもしれませんが、世界的に見ればMod文化にマイナスイメージはないと言ってもいいでしょう。

次回では、『Modがもたらす恩恵や影響』などについて書きたいと思います。