2012年5月29日火曜日

英語というコミュニケーションツール


入社して三ヶ月ほどしましたが、社内を見ていると英語は非常に重要なコミュニケーションツールであることを改めて実感します。
私は英語があまり得意ではないので話すことはできませんが、幸いにもほとんどの人が日本語を話せるので特に苦労はしていません。ですが、英語と日本語+母国語を話せる人達を毎日見ていると、自分が日本語しか話せないのはどうなのかと考えてしまいます。

日本に住みつつもコミュニケーションを取るのに英語が大事と考えたことが今までに無かったため、こんなことを考える自分に驚きを隠せないのが正直なところですが、これも外国人の多い職場にいるからこそ生まれる悩み()なのかもしれません。

思えば、日本で生まれ育って、英語がペラペラになれる人ってどれくらいいるんでしょうかね・・・。元々英語嫌いで英語を勉強してこなかった私のような人間は、他の国で生まれ育っても英語が流暢に話せるようになるとは思えませんが。
翻訳ともなると、留学なども含め海外で生活することも必要になってくるのでしょうが、日本の勉強法でどれくらいの英語力が付くのかというのは気になるところです。また、他の国の英語の勉強法はどのようになっているのでしょうか。言語によって似ていたり似ていない部分があるので一概に言えませんが、こういったところも非常に気になります。

いずれは英語を話したり、すんなり読めるようになって、日本語以外でもコミュニケーションを取れるようになれればと思います。