2012年3月14日水曜日

ローカライズの意味


AGMブログを投稿することになりました新入社員です。
以前何度か投稿しましたが、これからは更新を担当することになりました。新人ということもあり、見苦しい記事になってしまうこともあるかと思いますが、よろしくお願い致します。

まず、翻訳業界に身を置くようになって考えなければならなくなったのが『ローカライズの意味』です。
私は元々PCゲームをプレイしていたという経緯もあり、ローカライズという言葉は耳にしていたのですが、恥ずかしながら翻訳と同じものと考えていました。・・・というよりも、『翻訳・ゲームの日本語化などと同意語』と考えていたというべきでしょうか。

ですが、実際には翻訳した=日本語版としてOK、にはなりません。(当然と言えば当然ですが。)
ゲームをデバッグして、表現的におかしくないか、日本語と英語の一文の長さの違いから生まれる文字数オーバーなどがないかチェックしなければなりません。
また、海外のゲームを日本で発売する際には、その作品が過激なものだった場合、規制がかかってしまい、問題となる演出を削除しなければなりません。
こういった作業を含めた翻訳をローカライズというようです。

実際にこれが正解なのかどうか、素人ということもあり判断できませんが、経験を積んで、いずれ自分なりの答えをしっかり持てるようになりたいです。