2011年12月27日火曜日

翻訳のせいで夜寝れない


風祭龍之介
翻訳業界よ、何してくれてんの?!
「何してんねん?!オカンの言うことちゃんと聞きぃや!」

これは青目で金髪でカリフォルニア出身のおばさんの口から出る言葉じゃない。どう考えても。ありえない。

なのに、僕は最近のところ毎晩自分の母親にこうやって叱られてるんだ。うちの母親は確かに青目で、金髪で、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身である。来日したこともないし、日本語も当然喋れない。うちの母親の知ってる日本語と言えば、「アリガトウ」「サヨウナラ」「カワイイ」「マジデ?」「イチ、ニ、サン、シ」ぐらいだ。それなのに、こうやって叱ってくる。しかもすごいガサツな大阪弁で(自分の息子と一緒・・・)、すごい汚い口調で喋ってくる。正直、怖い。

これはもちろん現実ではなく、夢の中の話なんだけど、最近はこういう夢ばっかり観るようになった。なぜかというと、日中は翻訳の仕事をしてるからだ。

翻訳業界に入って数年しか経たないけど、一日中「翻訳」「通訳」「翻訳案件・翻訳者の管理」「翻訳の品質管理」「プルーフリーディング」といったようなことばっかりしてるから、会社から帰ってもやっぱり頭の中は「和英・英和」だらけ。眠ると夢の中では普段は英語しか喋らない・喋れない人物が急にすんげー日本語達者になって喋ってくるし、小学校の時の授業の夢を見ると教科書も日本語だし国語の授業も「カ・キ・ク・ケ・コ」なんか習ってるし、地元の町中の看板も表示も全部日本語化してしまう。

逆に、日本人の友達が現れると当然みんな流暢な英語喋ってる。。。


タイトルに書いてある通り、最近は翻訳のせいで夜はなかなか寝れない。でもそれは別に仕事上のストレスとか、就労時間の長さとか、そういう問題ではない。どちらかと言うと、夢が面白くて目が覚めてしまうぐらい笑ってしまうからだ。確かに保育士やってた頃も現実世界でクラブのDJとかホステスなどやってる友達とたまに夢の中で一緒にクレヨンで塗り絵、隠れん坊、靴の紐を結ぶ練習などすることもあったけど、なぜかこの業界に入ってからはこういう「職系」の夢が確実に増えた。最初は普通に面白かったけど、最近はどちらかというとちょっとした迷惑になってる。

「東京の夜空をマッハで飛ぶ」とか、「宝くじ当たって世界大統領に選ばれる」とか、後は定番の「要求不満の飯島直子と旅館デート」とか、こういった感じな夢はどうして見れないの?翻訳業界よ、お願いだから俺の真夜中のお遊戯の時間を返してくれ。というか、俺の睡眠時間も返してくれ。

自分のやってる仕事が好きというのは確かに素晴らしくラッキーなことだと思う。それに自分がちゃんと向いてる仕事をさせてもらえるというのもすごくありがたいことだし、嬉しい限りです。でもここまで入り込むと、やっぱりある意味少しへこむなぁ。。。

仕事ももちろん大事なんだけど、飯島直子が寂しがってるんじゃないか。