2011年11月7日月曜日

iPhoneに於ける翻訳アプリケーション


進化し続ける翻訳アプリケーションに実態に迫る!
皆さんの中にiPhoneを知らないと言う人はいないと思う。いないと思うけど、簡単に説明するとiPhoneとはアップル社が開発したスマートフォーンで従来のキータッチからパネルをタッチする方法を採用し、デザイン共に人気のある携帯機だ。
 
さて、このiPhoneだが様々なアプリケーションを使用できることでも有名である。地図は勿論、音楽や映像の為のアプリケーション、ゲームなど様々なアプリケーションが存在する中、翻訳アプリケーションについて検証を行いたいと思う。
 
翻訳アプリケーションだが、現在どれ位の翻訳アプリケーションが存在するのだろうか?
 
 
何と、翻訳と検索するだけで990件もヒットするのだ。iPhoneの需要性と翻訳アプリの需要性の高さがわかる。
 莫大な数の翻訳アプリの中でも日本において特に人気の高いものを幾つか紹介しよう。
 
OCRTOOL

カメラやフォトライブラリの画像から文字を読み取り、他言語へ翻訳することが可能
翻訳奉行56言語に対応、単語、文章の区別なく相互翻訳が可能音声をターゲット言語へと翻訳するツール。翻訳される文章は開発スタッフによるものエキサイト英和翻訳エキサイトジャパンが提供する翻訳アプリケーションはWEB版より更に進化したもので、Twitterなどへの投稿が可能に52言語2650通りのマルチ翻訳に対応。

Jibbigo音声翻訳-日英

音声を自動認識し、翻訳するアプリケーション
上記に挙げたのは翻訳アプリケーションのほんの一例でしかない。しかしこれらのアプリケーションは日本でも特に注目を集めているものばかりだ。
 
翻訳アプリケーションにはGoogleの翻訳エンジンを取り入れているものも少なくない。
数多い翻訳アプリケーションの中で、人気を得る為には「翻訳文の品質の高さ」「対応する言語」「使い勝手」が大切であると思う。
 
「翻訳文の品質の高さ」とは翻訳アプリケーションはいくら沢山出たところで機械による自動翻訳であることに変わりはない。自動翻訳されたターゲット言語が如何に自然で違和感のない文であるかが大事となる。

「対応する言語」とは翻訳アプリケーションの多くが日英にのみ対応したものである。翻訳業界において英語が占めるシェアは非常に広い。しかし、ユーザーは何も英語だけを求めている訳ではない。世界中のあらゆる言語に対応する翻訳アプリケーションを自然と求めるのだ。
 
「使い勝手」…昔、翻訳と言えば紙とペンと辞書だった。それがいつしかWEB自動翻訳を使用するようになり、最近はiPhoneの翻訳アプリケーション等を使用した画像読み取りや音声読み取りまで行われるようになった。勿論、これらの機能はiPhoneが世に出る以前より存在した。しかし、iPhoneの翻訳アプリケーションは携帯できるという利点と低価格により人気を得た。
 
ますます、進化を遂げる翻訳アプリケーションの数々だが、未だ人が考え翻訳する柔軟性を兼ねそろえていない。
単純な作業ならばこれらの翻訳アプリケーションを使用してみるのも良いだろうが、重要な案件を処理する場合は、出費を悩むことなく専門の翻訳家に依頼するのが懸命だと思う。