2011年11月28日月曜日

翻訳支援ツール


翻訳に関する記事を書く前に先に断っておかなければならないことがある。僕は言語がどうも苦手だ。そうであるにも関わらず、今こうして翻訳の仕事に少なからず携わっているから人生というものは実に不可思議で面白い。

未だ日本が韓流に染まるずっと前、学校帰りのCD販売店で韓国での当時の人気グループ서태지CDアルバム『서태지와 아이들』が販売されていた。この日本語訳、『ソテジと子供たち』の意味なのだが、そこに書かれた日本語訳は『ソテジとアイドル』…と翻訳しているのではなく、発音に近い日本語を当てはめていた。翻訳者としてとある日本人翻訳者の名前が記載されていたが、このような簡単な単語すら翻訳できないのに、翻訳家として活動している人がいることに。
 
さて、僕が翻訳の仕事に携わる前、学生の頃、初めて翻訳したのが動物学の教材だ。当時、韓国漢陽大学生命科学科に通学していた僕は動物学の教授に呼び出され、日本語→韓国語の翻訳を任された。大学で取扱う教材であったため、専門的用語が非常に多く含まれている外、一般的な辞書では対応しきれず、また当時はWEB翻訳など無かった為、非常に多くの時間と労力を費やした。

今思えば、生命科学を専攻していたとはいえ、非常に専門的な原文を翻訳したと思う。結局、その作業が認められ動物学では95点(A+)を頂いたのだが…
 
それからと言うもの度々、翻訳や通訳の依頼が飛び込んでくるようになった。大学での生態学や微生物学、細胞学、解剖学、医学などでの翻訳作業は勿論、韓国企業での翻訳作業、プロゴルフ大会での選手及び一般客対応の通訳、日韓ワールドカップ時の現地スタッフ、SBS歌謡ショーにて浜崎あゆみが訪れた際の通訳(日本デビュー前の東方神起も出演)、インターネットショップサイトの日本語訳等々、言語が苦手だったはずの僕が言語に携わる仕事をしていた。
 
翻訳メモリなどのツールを一切使うことなく自分で調べ考えながら翻訳作業をしていたが今はどうだろうか?例えばWEB翻訳としてYahoo翻訳やexcite翻訳、Google翻訳など数多くの翻訳ツールが無料で提供され、翻訳にかかる労力と時間も極端に短縮された。万が一、僕が翻訳を頼まれたその時これらのツールがあれば僕はもっと気楽に作業ができたかもしれない。しかし、これらのツールを初めから使うと翻訳者としてのスキルは決して向上しないであろう。ソース言語、ターゲット言語のどちらも他人に自身を持って出来ると言える場合、これらのツールは非常に有益に活用できるのだと思う。翻訳メモリと呼ばれる様々なツールも現状では100%の翻訳能力を備えているわけではなく、やはり最終的には人によるチェックが必要となってくる。そんな人が言語を理解していなければ話にならない。

今では、翻訳メモリなどを利用することにより、あたかも自分自身に翻訳能力があると錯覚してしまう人も多いのではないだろうか?翻訳メモリの活用は翻訳業界を飛躍的に向上させる反面、間違った認識を持って使用すれば翻訳の品を下げ兼ねない諸刃の剣となるであろう。
 
これからの翻訳業界がより良く安定的に向上するために翻訳メモリは無視することの出来ないツールであることは間違いない。